土地に必要な費用って・・・・

ここでは土地を購入する際の一般的なケースを示しています。
北九州で60坪の土地を1200万円で購入したケースを想定して各費用を計算してありますので参考にしてください。

◆土地代金

土地代金は、売り主に対して支払う土地の費用です。通常、契約時に手付金10%、決済時に残金90%を支払います。
※手付金の10%は自己資金で支払う必要があります。
※土地代金に消費税はかかりません。

      60坪/1200万円の土地を購入した場合

手付金 (契約時)                  120万円

残 金 (決済時)                   1,080万円

合 計 (決済時)                   1,200万円

◆仲介手数料

仲介手数料は、仲介を行った不動産会社に対して支払う費用です。通常、契約時に仲介手数料の50%、決済時に残金50%を支払います。
【仲介手数料】土地代金の3%+6万円+消費税
※仲介手数料は自己資金で支払う必要があります。
※売主の不動産会社から直接購入した場合は、仲介手数料はかかりません。


60坪/1200万円の土地を購入した場合

仲介手数料:1,200万円×3%+6万円   42万0千円

消費税  :仲介手数料×8%       3万3.6千円

合 計                      45万3.6千円

◆売買契約書印紙代

売買契約書印紙代は、売買契約が交わされる際に必要な費用です。取引される土地代金 (契約書に記載される金額) によって印紙代は異なります。
【印紙代】1,000万円越5,000万円以下:1万円 (注)
     5,000万円越10,000万円以下:3万円 (注)
(注)契約書作成日が平成28年3月31日までの取引に適用されます。
   通常は、それぞれ2万円と6万円

60坪/1200万円の土地を購入した場合

印紙代 (契約時)                   1万円

合 計                       1万円

◆土地購入に必要な費用のまとめ

一般的に土地購入の際には、土地代金の他に以下の費用が必要になります。
 ・不動産会社への仲介手数料
 ・契約書に貼る印紙代
 ・登録免許税
 ・司法書士への報酬
では、1,200万円の土地を購入した場合には、
総額で幾ら必要になるのかを計算してみましょう。

60坪/1200万円の土地を購入した場合

土地代金                        1,200万0千円

仲介手数料                      45万3.6千円

印紙代                          1万円

登録免許税                      27万3千円

司法書士報酬                      3万5千円

合 計                       1,276万1.6千円

土地代金が1,200万円の場合、
76万1.6千円 (土地代金の6.34%) の諸経費がかかることになります

こうしてみると、仲介手数料に多くの費用が支払われている事が分かります。 逆に、仲介手数料を支払わなくても良い場合は、諸経費を抑えることができますので、不動産会社には無理のない程度に交渉してみましょう。 以上をまとめると次のようになります。


土地購入に必要な諸費用の目安は土地代金の4〜7%

土地を探すと同時に、諸経費の事をしっかりと勉強して、
自己資金から支払うのか、住宅ローンで賄うのかを
計画する事が大事ですね。

  1. ホーム
  2. 土地取得後に必要な費用とは?