« 2019年04月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年06月22日

転職・就職と住宅ローン

こんにちは。
FAMILY-HOUSEの岡根です。

当社に家づくりをご相談いただくお客様から、最も多く受ける相談が、
家づくりの資金に関するものです。
中でも住宅ローンに関するご相談が最も多く、先日も、とあるご家族から相談を頂きました。

その内容というのが、ご主人が現在転職を考えているそうで、
その転職が住宅ローンの借り入れに影響するのかどうか、というものでした。

今回は、転職・就職と住宅ローンに関することをお伝えします。

まず、結論から申し上げますと、
転職というのは、基本的に住宅ローンの借り入れにとってマイナスにはたらきます。
転職後に住宅ローンを組むのは不利だということです。
金融機関の言う転職後というのは、転職してから概ね3年間です。

なぜかというと、
金融機関がお金を貸し出すときには、あなたから返済してもらえる見込みがあるから貸し出すわけです。
しかも住宅ローンですと、
大抵の場合、少額ではなく1000万円を超えるような大きな金額の借り入れです。
そうなると、「ちゃんと返済し続けられるだけの収入があるか」といったことまで金融機関は見てきます。

ちなみに、金融機関が住宅ローンを貸し付ける際に、あなたが働いている会社や環境を尋ねることが多いのは、
「あなたが住宅ローンを返済できるか」という「あなたへの信頼」
プラス
「あなたが働いている会社は(倒産したりせずに、)あなたが住宅ローンを払い続けられるよう給与をあなたに払い続けられるか」
という「あなたの会社への信頼」も見られているからなのです。

転職直後に住宅ローンを組もうとした場合では、
「安定して住宅ローンを返済できるか」←「安定して給料をもらえるか」←「転職後の会社で長く働き続けられるか」
というような不安材料が生まれるため、借りるための審査において、不利になるのです。

もちろん例外的なこととして、
「同業界で、今より規模の大きな会社への転職で、年収があがる」、
「会社の要請によるグループ会社への転職」、
「士業など、資格を活かした専門職への転職」
など、転職がデメリットにはたらかない場合もあります。

ただこれらは、なかなかハードルの高い条件でもあるため、
やはり住宅ローンを組むのは、転職前か転職後3年以上経ってからの方が良いです。

とは言っても、まったく手だてがないわけではないので、
もし転職後1年以内で住宅ローンをお考えの方は、一度当社へご相談ください。

Google +1
2018年06月08日

家づくりを考え始める時期

こんにちは。
FAMILY-HOUSEの岡根です。

この時期に家づくりを考える方は、
どうしても「今の季節から新しい暮らしを始めている自分」を想像します。

しかし、家づくりというものは、
建て始めてから完成するまでに、
しっかりしたものを建てようとすれば3か月程度は、
場合によっては半年近くかかります。


また、ちゃんと長く住む家を建てるためには、
打ち合わせの回数にもよりますが、プラン・作りに1~3ヵ月はかけるものです。

それを考えると、家づくりを考え始めてから実際に暮らし始めるまでに
4~8か月以上かかることになります。

もちろん家というものは、何十年も住み続けていくものなので、
年間を通した暮らしをイメージすることが重要です。

ただ、引っ越した直後の新しい暮らしをイメージすることも、とっても重要です。
なので、例えば3月に家づくりを始めようと考えている方は夏の暮らしを、
ゴールデンウィークに家づくりを考え始める場合には、秋~冬の暮らしを、
夏に家づくりを考え始める場合には冬の暮らしを、
・・・といったように半年程度先の暮らしを思い浮かべながら家づくりをイメージしてみると良いです。

当社で家づくりの相談をさせて頂く際には、ご相談いただいた時期だけでなく、
住み始める季節をイメージし、お話をさせて頂いております。

Google +1

Google +1