暮らしやすい間取りのために その2

こんばんわ。
FAMILYーHOUSEの岡根です。

以前、お家を建てる時の間取りについて、
気を付けておきたいポイントをご紹介しました。

家づくりをする上では、こういったポイントと併せて、
ライフスタイルに合わせた部屋の配置が重要となってきます。

今回は、部屋の配置について、
メリットやデメリットと一緒にご紹介します。


1.家族とのコミュニケーションを大切にする方へ
 ~玄関からリビング・ダイニングを通って各部屋へ行く部屋配置

玄関から家に入ると、まずリビング・ダイニングがあり、
そこから和室や風呂・トイレ、2階への階段へ通じるタイプです。
2階は子供部屋や主寝室となります。

この間取りでは、外から帰ってきて自室に行くときや、
移動の際に必ずリビング(ダイニング)を通るため、
家族で顔を合わせる機会が多くなります。


そのため、親(母親)が子供達の動きを把握しやすく、
家族の知らない間に外に出ていったり、
いつの間にか帰宅していたりということ少なくなります。

動線か重なることで顔を合わせる機会が増えるので、
家族間でのコミュニケーションが増えます。

また、廊下スペースが少なくなるので、
その分リビングが広く使えるというメリットもあります。


ただ逆に、家族がお風呂に行く場合などにも、
家族がいるリビングを必ず通るため、家族1人1人の生活を
大切と考えるご家庭には不向きかもしれません。

来客者が来た時場合や宿泊する場合に、
生活の中心であるリビングを必ず見られることになり、
お互いのプライバシーが守られにくい間取りでもあります。

2.家族一人ひとりの生活を大切にする方へ
 ~玄関から直接各部屋へ通じる部屋配置

玄関から家に入ると、廊下を通り、リビング・ダイニング、
階段、和室、風呂・トイレといった各部屋に直接行けるタイプです。
2階は子供部屋や主寝室となります。

この間取りは、家族各々のプライバシーを守りやすい部屋配置です。
子供に静かな勉強部屋を与えたい、
親の仕事の時間が不規則なため家族に生活を干渉したくない、など
1人ひとりの生活を大切にしたいと考えるご家族向きです。

また、来客があったり宿泊したりする場合にも、
お客様のプライバシーが守られやすい構造です。

しかし、親が子供たちの行動を把握しづらく、
子供が知らない間に外に出たり、帰ってきたりしている、
また廊下が必要なため、その分のスペース確保が必要になる、
といった懸念点も出てきます。

3.来客を大切にしつつ家族コミュニケーションも大切にしたい方へ
 ~玄関から直接リビング・ダイニングと和室へ通じ、
  リビング・ダイニングから他の部屋へ通じる部屋配置

玄関から家に入るとリビング・ダイニングと和室それぞれに行け、
リビング・ダイニングからを通り抜けて風呂・トイレや
2階に通じる階段に行けるタイプです。
2階は子供部屋や主寝室となります。

先にご紹介した1.2.のメリットを併せ持ち、
来客を大切にしつつ、家族のコミュニケーションも大切にできます。
ただし、来客が宿泊してお風呂を使う場合や、トイレを使用する場合は、
リビングに入らなければなりません。

この部屋配置は、応用をきかせることができ、お風呂やトイレは、
来客がリビングに入らずに使えるよう廊下の先に配置したり、
また子供が外から汚れて帰ってきた時に、汚れをリビングに
持ち込ませずそのままお風呂に行けるように
玄関からすぐにお風呂だけを配置したりすることもできます。


これらのように、私たちは当社を訪れるご家族の数だけ間取りは
存在するものだと考え、お客様のこれまでのライフスタイルや、
これから希望するライフスタイルを細かく伺うことで、お客様
一人ひとりにとって最適な間取りをご提案できるよう努めています。

窓の種類と機能3-2

こんにちは。
FMILY-HOUSEの岡根です。

前回に引き続き、窓の種類と機能をご紹介していきます。

・片開き窓
欧米で一般的に使われる窓で、片開きドアのような形状です。
可動域が大きいため、風にあおられて破損しないよう、
ストッパーなどを付ける必要があります。
引き違い窓に比べて気密性が高く、
ストッパーを付けることで防犯性能も上がります。

外開の形の場合、風を取り込みやすいことがメリットですが、
窓を開けるときには、先に網戸を開ける必要があり、
夏は虫が入ってきてしまうこともあります。

メリット: 引き違い窓に比べて気密性が高い。
ストッパーを付ければ防犯になる。
外開きの場合、外気を取り込みやすい。
デメリット:外開きの場合、開閉時に網戸をどかさねばならず、
虫が入ってくることも。


・両開き窓
両開き窓の場合は、通風などの機能面もさることながら、
デザイン的にも開放感があります。
しかし安全面に配慮しストッパーを付けると
可動領域が制限されてしまいます。

メリット: 引き違い窓に比べて気密性が高い。
ストッパーを付ければ防犯になる。
開放感がある。
デメリット:ストッパーを付けると安全性は上がるが、
可動域が狭くなるので開放感が得にくい。


・突き出し窓
外倒し窓の下側が開き、外側へ突き出すようなタイプの窓です。
開けると庇のようになるので、雨の侵入を防げます。
また、すりガラスやデザインガラスなどを使うことで、
開けたときでも外から見えません。
反面、通風は他の窓よりも劣り、また外側に突き出るため、
室外にスペースを確保しておく必要もあります。

メリット: 開放時でも雨が入ってこない。
型板ガラスなどと組み合わせて外からの視界を遮ることができる。
デメリット:他の窓に比べて、風通しがあまりよくない。


・引き込み窓
1枚の引き戸状の窓を横方向にスライドさせて開閉するタイプ。
窓を開けたときには、壁の内部に窓を仕舞えたりします。
開放時に窓が見えなくなるため、スッキリした印象になり、
大きな窓では開放感が高まります。反面、気密性はやや劣ります。

メリット: 窓を開けた際に隠れるため、開放感がある。
デメリット:他の窓に比べて、気密性が低い。


・ルーバー窓
ハンドル操作で、羽状のガラスを回転させて開閉するタイプで、
ガラスの角度は自由に調節できます。
お風呂場やトイレに多く採用されますが、
外部からドライバーで羽を取り外せてしまうため、
防犯対策も併せて行うことが重要です。

メリット: 開く角度を自由に調整できる。
プライバシーを確保できる。
雨が入りにくい
デメリット:防犯面が弱い


・オーニング窓
ルーバー窓と似ていますが、
こちらはガラス1枚1枚にサッシが付いていて、
横長のガラスを2~4枚ほど、縦に連結した窓です。
サッシがついている分、ルーバー窓よりも気密性が高いですが、
逆にルーバー窓と違い、自分で交換することは非常に困難です。

メリット: プライバシーを確保できる。
雨が入りにくい。
ルーバー窓よりも気密性が高い。
デメリット:自分で交換するのは難しい。


・はめ殺し窓(FIX窓)
窓枠にガラスをはめ込み、固定した窓。
採光と眺望だけが目的で、開閉はできません。
当然通気性はゼロで、壁と比べれば断熱性能も劣ります。

メリット: 色々な形状にできる。
眺めが良くなる。
デメリット:換気はできない。
壁材と比べると、断熱性能が低い。


・ツーアクション窓 (ドレーキップ窓)
ハンドルを90度、もしくは180度ひねって開閉する窓で、
縦開き/横開き、内倒し/外倒しなど、様々な形式があります。
構造が複雑なため、外から侵入することが困難で
防犯性能が高く気密性能も高いです。
ただし、まだ一般的に普及が低く、値段が高めです。
またカーテンが付けられるかどうか等を、
設計段階で考える必要があります。

メリット:気密性と防犯性能が高い。
デザインが格好良い。
デメリット:価格が高い傾向にある。


・回転窓
窓の中央を軸にして回転するタイプの窓で、
家の中から窓の外側を掃除できるメリットがあります。
しかし構造上、網戸を外側には設置できません。

メリット: 室内から、家の外側のガラスを拭くことができる。
換気性能に優れる。
デメリット:網戸を外側に付けられない。

6月29日30日の未完成見学会のご案内です。
http://www.familyhouse-1978.jp/10event/